環境づくりが大切

「夢」を実現させたい。「夢」を持っている。
とても素晴らしい事です。

でも夢を夢で終わらせるのではなく実現させるためにはただ漫然と夢を頭の中で想像しているだけではいけません。

夢を実現させるためにどのような環境に身を置くべきかという事も考えなければなりません。
例えば海外に別荘を建ててお金に不自由なく悠々自適に生活をしたいという夢があるとします。

それにも関わらず現在は年収500万で仕事は朝から夜中までびっしり。
こんな環境では絶対に夢を実現することは出来ません。

確かに今の生活を維持するために働かないと行けないことは事実ですし、今の環境を離れることによるリスクを考えるとなかなか思い切った行動をとれないのもまた事実だと言えるでしょう。

しかし朝から夜中まで働き続けて年収500万。その後がんばって昇進しても年収1000万とかいう話だったら海外に別荘を建ててお金に不自由なく悠々自適に生活をしたいという夢を実現させるのはかなり難しいでしょうね。

そうすると今の環境を離れるという選択肢を具体的に考えて行かなければなりません。
今ある環境を思い切って作り、ご自身の夢を実現させるのに最も適した環境に身を置くことがとても重要です。

最低限の生活を維持するために今の組織から抜けられないという方は例えば苦しいながらも副業をしてそこで本業の収益を超えて退職するのもいいですね。

とにかく夢が明確にあり、それをしっかりとイメージしどうしたらそこにたどり着けるのかを逆算して考えて行かなければなりません。なんとなくとかこうありたいとかそういった抽象論で漫然と生活するようでは夢は到底実現することなんて出来ないでしょうね。

またそういう風に逆算的に考えられないのなら抱いている夢は夢じゃなくただの虚栄心というか願望にすぎないのではないかと思います。

夢は素敵な事です。でも夢を現実に変えるのには頭をフル回転させないといけません。
夢が本当に夢ならばフル回転させてまた死ぬほど努力するのも全く苦にならないはずです。

計画を立てて行けば毎日の行動が夢に近づく行動であることを噛みしめて一歩一歩前に前進することが可能です。漫然と生活しているようでは夢に近づく実感を少しも味わうことが出来ないので挫折してしまいます。

まずは夢を実現させるためのスケジュールを作ってそのスケジュール通りに生活するためにはどのような仕事をしてどのような勉強をしてどのような交流をしてどのような思考をするのかをしっかりと考える必要がありますね。

夢の実現には夢を実現させるための環境作りが非常に大切なんです。

借金をする覚悟

夢を実現するためには借金をする覚悟が必要です。

無理やり借金をする必要はありませんが、他人から縛られる生活から脱却し、自分の幸せを勝ち取るとるために、そして自由を獲得するためにはリスクを選択しなければなりません。

例えば会社という組織に属している場合には不自由で不本意ではありますが毎月一定の給料がはいってきてそこまで生活に困窮するといった事態は起こらないと思います。

しかし夢をおうということはお金がかかることが多いのもまた事実です。

自分のやりたいビジネスを展開する。
音楽のプロフェッショナルになる。

などなど夢を追い求める時に常に付きまとうのがお金の問題です。
なので一度きりの人生を謳歌するためには心のどこかで借金してリスクをとるということも覚悟しなければなりません。でも借金して成功している方は沢山いるので勇気を振り絞って下さい。

逆に失敗して借金に押しつぶされる人もいます。
でもそうなっても債務整理等の救済手段が日本国の法律で定められているので、借金が膨張して首が回らなくなったとしても人生はリスタートできるので安心して良いと思います。

ダメなのは夢がありチャンスがあり、人生一度きりなのにリスクを恐れてりリスキーな選択が出来ないことです。リスクを取れない人は夢を追い求めることは出来ないのかもしれません。

ちょっと厳しい意見ですが・・・

リスクをとって絶対に成功させてやるという強い気持ちで誰よりも努力すれば成功する確率はかなり高いと思いますよ。ただリスクをとるとしてもリスクに投資する投資先が本当にあなたの夢に投資するのかを今一度吟味することは大切だと思います。

虚栄心でただお金持ちになりたいとかそういった考えでは失敗してしまいます。心の底からこうありたいとおおう事を実現させることが夢を実現させることなのでその点はしっかりと肝に銘じておくことが必須です。

なお借金する必要性が出た時は出来る限り優良な業者から借金することが重要です。
世の中には利用者の足元を見る業者もたくさんありますからね。

良心的な金融業者を紹介しているサイトとして借入審査※銀行と消費者金融一覧というさいとがあります。お金を借りる際に頭の片隅に入れておくと良いでしょう。

とにかく夢を実現することはいばらの道を選択する事でありリスクも当然つきまとい、借金を覚悟しなければならないこともあるということを覚えておきましょう。

安定を捨てる覚悟

夢を実現させる上で障害となるのが現在手にしている「安定性」だと思います。
これは大企業に勤めている人に特に当てはまることだと思います。

安定した収入としっかりとした福利厚生。
そのまま普通に勤務していれば一生お金で困ることはないだろう。

そういった安心感、安定感が夢を実現させる上では障害となることがあります。
本当にやりたいことは他にある。

でも今の環境は最高。特にお金の面では何不自由ない。
人間は安定を求める傾向にあります。

そりゃそうですよね「安定した収入」「ある程度高い社会的地位」「家族」こういったものを手に入れることは周りから見て非常に自由で恵まれていると思われるかもしれませんね。

でも果たしてそれは自由に生きていることになるのでしょうか?夢が何不自由なく生活できることであればそれで問題ないでしょう。

しかし他にやりたいことがある場合、子供の頃から築き挙げてきた学歴や社会的地位、安定した年収はあなたの首をしめることになります。逆にあなたを身動きのとれない非常に不安定なものにしてしまうのです。

誰からも羨ましがられる環境が不自由なんてなんとも皮肉なものです。
私の友人でもいました。某大企業に勤めていてそのまま生活していればその友人は一生お金の面でも全ての面で不自由がなかったんですね。

でも彼にはその某大企業で働くことに対して満足していなかったんです。
彼は弁護士になりたかったんですね。

今はロースクール制度などが導入されて弁護士もロースクールに入れば比較的資格が取りやすい時代になりました。でも昔は違いました。

一年に一回の司法試験に通過しなければ弁護士になれませんでしたし、弁護士になれなかった時のリスクと言ったら半端じゃないぐらい高いものでありました。

司法試験に落ちる度に社会から疎外されていく疎外感と戦わないと行けないからです。
試験に受かれば最高。落ちれば浦島太郎のようになるんです。

でも私の友人は大企業での安定を捨て司法試験を受け、夢である弁護士になる道を選択しました。
そして某大企業を退職し一年みっちりと勉強をして司法試験に通過し弁護士になるという夢を実現させました。

本当に凄いと思いました、自分の持っている名声、社会的地位、年収を全て捨てて勝負したのですから。
その方は家族もいたんですよ。それで勝負して夢を掴んだんです。

安定を捨てる覚悟で勝負して一番なりたいものになれた友人は本当に凄いと思います。
「夢」に対する熱い気持ちが誰よりも強かったんでしょうね。

今まで築き上げてきたものを全て捨てるという事は並大抵の事では出来ません。
でもそれを捨てることを平然として目的に向かって突き進むことが出来る人は夢を持っている人で夢を実現ささせる強い意志のある方だと思います。

あなたは安定を捨てる覚悟はありますか?もしNO!と答えるのならあなたの抱いている夢は実は夢ではなくただの願望にすぎないのかもしれませんね。

TOTOBIGで10億円!?

TOTOで10億円当たった人が9人…。
総額90億円…。

すごいですね。
夢がありますね。

よく宝くじの格言的な言葉で、

買っても当たらない。
でも買わなきゃ当たらない。

なんてのがありますけど、
まー買っても当たらないですよ。

でも、10億円が9人というのはすごいですね。
これにはちょっとビックリしました。

話しは変わりますが、
よく年末ジャンボとかで当選金が未払い
…なんて記事を見たことがありませんか?

今までは忘れてるんだなー、もったいないなー程度で自分の中で解決していましたが、よくよく考えてみると、宝くじって忘れます??

まぁ中にはいるんでしょうけど、
そんなうっかりするような人が宝くじなんていう買ってからしばらくしないと当選番号が分からないようなものを買いますかね。

何が言いたいのかと言うと、
あれって作為的なものなんじゃないかと…。

つまり、そもそもそこの部分の当選番号って運営者側のある一部の人に抜かれていて、引き換え期日を過ぎたお金は運営資金として回すんじゃないかと…思ったんです。

だって、その証拠に結局未払いになった当選金の処遇って誰も知らないじゃないですか。

運営者側ならそんなこと容易に出来ると思いますからね。

きっとそれを経費に計上して、
海外旅行とか車を買ったりだとか、
飲み代だとかに使ってるんじゃないですかね。

…と大人になった私は考えてしまったんです。

もしくは、すごくお金のある人が何千枚と買って当選番号を見落としているとか…。
そうなると、一等とか当たる人って結局金持ちなんじゃないかとか…。

つまり、私が思うに、
結局その大金はお金のあるところに流れているんじゃないかってことです。

世の中、お金を持っている人が操っているんです。操れるんです。
宝くじによって、例えば10億なんか一般人が持ったら何しでかすか分かりませんよね?
そう考えると、本当に恵まれない一般人が当選することなんて出来るのかなーと。

宝くじの匿名性も可能性を濃いものにしますね。
億単位の一等当たった人とかで知ってる人とかいます?
いなくないですか?

冷静に考えれば考えるほどうさんくさいなーと思います。私は。

宝くじ…夢を追うか追わないかはあなた次第です。

「夢」の大切さを伝えるためワンピース(ONE PIECE)で教育

私の子供はまだ一歳なのですが少し物心がついてきたらワンピース(ONE PIECE)を読ませようと思います。個人的に尾田栄一郎さんのワンピース(ONE PIECE)は大好きなのですがあのマンガの中で夢と希望、努力、仲間を思う大切な気持ちなど子供の教育にとって必要な事が全て詰まっていると思うんです。

夢を持って恐れずに行動し、希望を持って行き、自分だけじゃなく仲間を大切にし夢を実現するために努力する。そんな要素がふんだんに盛り込まれているのがワンピース(ONE PIECE)だと思います。

夢を持っていない大人に夢を語られるよりワンピース(ONE PIECE)を読んで夢とは何か、仲間とは何か、希望とは何かということを子供に学んでほしいですね。

おそらく私たち大人の多くも夢を実現することへの渇望、仲間を大切にすることの素晴らしさを感じているからこそワンピース(ONE PIECE)に魅了されるのだと思います。

そして現実には夢を追っていない自分。自己の利益のために仲間を犠牲にする自分がなんとも情けなくなってワンピース(ONE PIECE)を読んでいるんだと思います。

でも夢の大切さ友情の大切さ、希望を持つことの大切さがわかる人なら今それが出来ていなくてもまた子供の頃のような感覚に戻れるはずです。

おとなになって余計な情報がたくさん入ってきて、裏切りなどにもあってきて疑心暗鬼に陥ってだんだん心が荒んできて世の中に飽きてきて・・・そんな方も多いと思います。

私は世の中は夢と希望に満ち溢れていると思います。綺麗ごとじゃありませんよ。
綺麗ごとだと思った方に果たして夢を実現させていますか?と問いたいですね。

話しが少し脱線しましたがワンピース(ONE PIECE)には教育に一番大切なものが全て揃っています。
なので私は子供にワンピース(ONE PIECE)で教育をしようと思っているのです。

多少やんちゃでもいい。頭が悪くてもいい。でもまっすぐで楽しくそして夢を持って子供には生きてほしいと思っています。

onepiece

世界の美女になるためにも薄毛は厳禁

世界の美女になるという壮大な夢を持った女性が私の友人にいます。
世界の美女なんて努力したからと言ってなかなかなれるものじゃありません。

でもはっきりと夢を語れるところが素晴らしいですよね。
漫画「ワンピース」に登場するルフィも海賊王になるといって初めは馬鹿にされていました。

話が進むにつれてそれぐらい言えないようじゃ生きていけないことが有力な海賊から言われています。
夢を実現するためにはまずは夢を語らないといけませんね。

でも世界の美女を目指す女性は最近、若干の薄毛に悩んでいるそうなんです。
まだ20代なのに・・・・

そう思いましたが色々と調べると最近は女性でも20代から薄毛が進行する人が増えているらしいですね。
髪の毛に与えるダメージなども影響しているようです。

そういえばその世界の美女を目指す女性もファッションにこだわり髪型にもこだわっていたので相当髪の毛と頭皮にダメージが与えられているのかもしれません。

そういうことがわかったので早速彼女に連絡して女性育毛剤を使用してそして育毛シャンプーも利用し、日常生活におけるヘアケアを徹底するようにアドバイスしました。

強い夢を抱いている人は行動も早いですね。私が言った翌日には女性専用の育毛剤に関する知識を既にかなり頭の中に詰め込み、薄毛を解消するヘアケア方法などを貪欲に学んでいました。

純粋に凄いと思いましたね。意識が高いと行動も早いです。
目的を実現するために通るべき障害を越えるための努力を惜しまず即行動する姿勢には感銘を受けました。

おそらく彼女はどんな手段を使っても絶対に薄毛くらいの悩みは解消するでしょうね。
気構えが普通の人とは明らかに違います。

でも逆に言えば普通の人も夢を持ち打ち込めるものがあればそれほど行動力も付き人から尊敬されそしていつか抱いている夢を実現できる可能性が高まるのです。

別に普通の人でも良いのかもしれませんがせっかくだから自分の思い描いている自分になりたいですよね。おそらくそれは誰にもあるでしょう。人間は欲深くそして理想を求める生き物なのですから。

夢を実現するためにはどれだけ大変だろうがそれを平気でやりのけるマインドってとても大切だと思います。そして人から馬鹿にされようが無理だと言われようが自分が正しいと思った道を信じれる人は強いです。

決めるのはご自身です。誰に何を言われようが決めるのは自分です。諦めたり挫折したりしたらそれは他人のせいではなくあなたのせいなのです。

あなたが夢を放棄したから夢を実現できなかったのです。よく何かあるたびに人のせいにする人がいますがそういった人は私は好きじゃありません。全ての事象を自己責任に置き換えて初めて自身の成長があると信じているからです。

世界の美女を目指している彼女はまさにすべてを自己責任に置き換えられる素晴らしい女性です。これからもずっと応援したいですね。

 

マー君はヤンキースで活躍出来るか?

2013年のプロ野球、それは紛れもなく田中将大投手の一年だったと思う。

シーズンを24勝0敗1セーブ、勝率10割という、前人未到のゲームの世界のようなことをやってのけた。投手は普通、10勝5敗くらいで貯金を5つ作れば良い方だと言われていて、例えば15勝5敗で貯金を10個以上作るような投手はエースと呼ばれる。

2013年の田中将大は一人で24個も貯金を作ったのだからエース2人分の活躍になる。
これは本当にすごい数字で、打者で言うなら4割を超えるどころか、5割を超えるバッターくらいに当たるだろう。

それほどこの24勝0敗という数字はすごい…。

惜しくも日本シリーズで巨人に負けを喫し、ポストシーズンを含めての年間を通しての無敗記録は樹立出来なかったが、初めて敗戦を喫した巨人相手に、最後は胴上げ投手を飾るのだから、エンターテインメント性をも兼ね備えた素晴らしい投手であることが実証されたと思う。

日本での通算記録は99勝35敗3セーブ、防御率2.30、勝率.739。
実働7年でこの数字だから、単純計算すれば、20年やれば300勝する可能性のある投手だ。

そんな類稀なる才能を持った投手が、2014年、ついにメジャーリーグに挑戦する。

球団はニューヨークヤンキースに決まった。
かつては松井が、現在はイチローと黒田が在籍するメジャーで最も伝統のある球団だ。

実はニューヨークヤンキースは、伊良部、井川、野茂など日本で活躍した投手が在籍したことがあるが、今のところヤンキースで成功したと言えるのは伊良部と黒田だけではないだろうか。黒田は現役だが、伊良部の活躍した期間は短かった。

そんな球団で田中将大は活躍出来るかどうか…。

今年の一挙手一投足、そして投げる球の一球一球が注目される。

マー君がメジャーリーグで成功するという夢を実現させることを心から応援しています。

努力を怠らないこと

夢を実現する上で非常に大切なことがあります。
それは誰よりも努力をし、決して努力を怠らないということです。

ヤンキースのイチロー選手は天才と言われていますが、プロ野球選手になるという夢があってそのために子供の頃からだれよりも野球に真剣に打ち込みだれよりも努力したから夢を実現できたのだと思います。

努力することは苦手とか面倒だという人はおそらく目的としているものが夢ではないのだと思います。
夢というものは自分が一番なりたい姿のはずです。

それを実現するための努力が面倒だとか苦手だっていうのは論外だと思います。
夢を実現するために必要なことならワクワクしてそして辛くても努力できるものですから。

もし努力が出来ないという事であれば夢だと思っていることが夢じゃない可能性がありますね。
人に良く思われたい。人から評価されたい。異性にチヤホヤされたい。ただそれだけでそれ以上でもそれ以下でもないものなんでしょう。

夢というものはとても崇高なものでかつ単純なものだけど、なかなか手にすることが出来ないものだと思います。ちょっとやそっとの事じゃ実現できないから夢というんです。すぐに達成できるものだったらそれは目標ということばがマッチするのかもしれません。

夢に大きい小さいはないと思いますが、努力のないところに夢の実現はありえないというのが僕の考えです。せっかくこの世に生を受けて誕生したのだから理想の自分になるために努力したいものですよね。

私も夢があります。そしてそれを実現するには何枚もの壁を乗り越えなければなりません。
でもそれに向かって毎日歩んでいるのを実感出来る時、ほっとしてそして充実感を感じます。

夢は好きなことの延長線上にあり好きなことには人間は努力を惜しまないと私は考えています。
努力を怠らないで毎日謙虚にコツコツトがんばりたいものです。

夢を持つことの大切さ

子供の頃は誰しもが夢を抱いていたと思います。

そしてだんだん大人になるにつれて現実を知るようになり、 周りの意見に流され自分を見失ってきます。

でも見失っているという感覚を当人は抱かないのです。 例えば大企業に勤めて安定的な収入をえることが夢だと勘違いしてしまうんですね。

果たして大企業に勤めて幸せになれるのでしょうか。 本当にやりたいことは何もないのでしょうか?

一般的に「夢」と聞くと大それたことを想像する人が多いようです。 しかし夢に大きいとか小さいとかないというのが私の考えです。

このような人生を送ることが出来れば最高にハッピーなのに。 それが夢だと思います。

それは一日中、大好きな映画を見てその評論を書く生活なのかもしれません。 それは一日中、会社からも人からも縛られずにやりたいことを自由にやってのんびり過ごすことなのかもしれません。

夢は無限にあると思います。 夢はこうあるべきだと声高に主張する人がたまにいますが聞いていて吐き気がしますね。

好きな事をやってストレスフリーに生きる。 そして限りある人生を謳歌する。

それが実現できて初めて夢が叶ったと言えると私は思います。 ただ夢を実現するためには色々と努力しないといけませんね。

でも夢を現実にする為だったら苦労や努力なんて全く辛くない事だと思います。 夢を実現するために必要不可欠な事だったら意地でもやり通すことが出来るはずです。

もしあなたがこうありたいと思っていることを実現するためのアプローチをただの苦痛としか思っていないようならば おそらくそれは夢ではないんでしょうね。夢だと思い込んでいるだけだと思います。

人間は人生の過程で純粋なものに多くの不純物が混じりこんできます。 不純物が入り込むと目的さえも分からなくなる場合もあります。

大人だから夢が無い。夢は子供の特権だ。 そんな風に私は思いません。

夢を語るのに大人も子供も関係ないと思います。 偽物の夢を夢だと思うのではなく本物の夢をみんなで実現できるようにしたいですね。